• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

そく‐ど【速度】 の意味

  1. 物事の進む速さ。スピード。「一定の速度で歩く」「制限速度」
  1. 単位時間に進んだ距離に方向を合わせたベクトル量。運動する物体の単位時間当たりの位置の変化を表す。単位にはメートル毎秒のほか、ノットが用いられる。
  1. [用法]速度・[用法]速力・[用法]速さ速度速度「速度(速力・速さ)を一定に保つ」など、進む程度を表す語としては相通じて用いられる。◇「速度」は自動車など物体が単位時間内に移動する距離の大小についていうほかに、機械などが単位時間内にする仕事の量の大小についても用いる。「高速道路を一〇〇キロの速度で走る」「この機械は一分間に百部の速度で製本する」◇「速力」は一般に、移動する距離の大小について表す。「この列車は現在時速二二〇キロの速力で走っております」◇「速さ」は最も普通に使われ、移動の距離についても仕事の量についても用いる。「飛ぶような速さで通り過ぎた」

そく‐ど【速度】の慣用句

  1. そくどきごう【速度記号】
    • 楽曲の演奏速度を指示する記号。メトロノームを用い、基準となる音符の1分間の拍数を示す方法と速度標語で示す方法とがある。
  1. そくどけい【速度計】
    • 運動体の速度を測定する計器。船舶・自動車・航空機などに取り付ける。スピードメーター。
  1. そくどひょうご【速度標語】
  1. そくどベクトル【速度ベクトル】
    • 物理学において、物体の運動などを表すベクトル量としての速度。または、物体の速度などを矢印で図示したもの。いずれも、本来、速度が向きと大きさをもつベクトルであることを強調もしくは明示したものといえる。
  1. そくどへんちょうかん【速度変調管】
  1. そくどよくせいそうち【速度抑制装置】
  • そく‐ど【速度】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・攻撃の速度を急ぐ相懸り将棋の理論を一応完成していた東京棋師の代表である木村を向うにまわして、二手損を以て戦うのは、何としても無理であった。

      織田作之助「可能性の文学」

    • ・・・そんな工合で互に励み合うので、ナマケル奴は勝手にナマケて居るのでいつまでも上達せぬ代り、勉強するものはズンズン上達して、公平に評すれば畸形的に発達すると云っても宜いが、兎に角に発達して行く速度は中々に早いものであったのです。

      幸田露伴「学生時代」

    • ・・・ウイスキイの酔もあり、また、汽車の速度にうながされて、嘉七は能弁になっていた。

      太宰治「姥捨」