• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

そら【空/虚】 の意味

  1. [名]
  1. 頭上はるかに高く広がる空間。天。天空。「東の空が白む」「鳥のように空を飛び回りたい」「空高く舞い上がる」
  1. 晴雨などの、天空のようす。天候。空模様。「今にも降り出しそうな空」
  1. その人の居住地や本拠地から遠く離れている場所。または、境遇。「異国の空」「旅の空」「故郷の空を懐かしむ」
  1. (多く「そらもない」の形で)心の状態。心持ち。心地。また、心の余裕。「生きた空もない」
  1. すっかり覚え込んでいて、書いたものなどを見ないで済むこと。「山手線の駅名を空で言える」
  1. 家の屋根や天井裏、木の梢 (こずえ) など、高いものの上部。てっぺん。
    • 「それがしが木の―にゐれば」〈狂言記・柿山伏
  1. [形動ナリ]
  1. 他に心を奪われ、ぼんやりして当面の事柄に対応できないでいるさま。うわのそら。
    • 「たもとほり往箕 (ゆきみ) の里に妹を置きて心―なり土は踏めども」〈・二五四一〉
  1. はっきりした理由もなく事が起こるさま。偶然。
    • 「二人の人、同じ夜、―に相会へり」〈今昔・九・三三〉
  1. 確かな根拠もなく推量するさま。
    • 「それ、しかあらじと、―にいかがは推し量り思ひくたさむ」〈・帚木〉
  1. [接頭]名詞・動詞・形容詞などに付く。
  1. それらしく思われるが実際はそうでない、という意を表す。うそ。いつわり。「空涙」「空笑い」「空とぼける」
  1. 実体のない、事実でない、などの意を表す。「空耳」「空音 (ね) 」
  1. あてにならない、信頼できない、などの意を表す。「空頼み」
  1. はっきりした理由のない、わけのわからない、なんとなく、などの意を表す。「空恐ろしい」「空恥ずかしい」

そら【空/虚】の慣用句

  1. 空知らぬ雨
    • 《空から降ったわけではない雨という意から》のこと。
  1. 空知らぬ雪
  1. 空飛ぶ鳥も落とす
    • 空を飛んでいる鳥さえも落とす力を持つ。きわめて権勢の強いことのたとえ。飛ぶ鳥を落とす。
  1. 空に標結う
    • 空に標縄(しめなわ)を結い渡すような、不可能なこと、思ってもかいのないことを思い煩う。
      「いかでかはかばかりの御有様も聞かましと、―・ふ恋しさに」〈浜松・四〉
  1. 空に知られぬ雪
    • 《空から降ったわけではない雪という意から》舞い散る桜の形容。空知らぬ雪。
  1. 空に三つ廊下
    • 天候が、降ろうか・照ろうか・曇ろうかの三つの「ろうか」のどれであるか定まらないことを「廊下」に掛けていったもの。
  1. 空吹く風
    • 吹き過ぎていく風を気にとめないように、周囲のことに無関心であること。どこ吹く風。「―と聞き流す」
  1. 空を歩む
    • 心が乱れて落ち着かないさま、足もともおぼつかないさまのたとえ。
      「冠などの落ち行くも知らず、―・む心地して」〈増鏡・月草の花〉
  1. 空を使う
    • 知っていても、知らないふりをする。そらとぼける。「―・ってとりあわない」
  • そら【空/虚】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・これはいつでもアグニの神が、から降りて来る時に、きっと聞える声なのです。

      芥川竜之介「アグニの神」

    • ・・・ 丁度昼少し過ぎで、上天気で、には雲一つありませんでした。

      有島武郎「溺れかけた兄妹」

    • はしらむ。

      著:アルチバシェッフミハイル・ペトローヴィチ 訳:森鴎外「罪人」