• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ぞん‐ざい の意味

  1. [形動][文][ナリ]
  1. いいかげんに物事をするさま。投げやり。粗略。「仕事をぞんざいにする」
  1. 言動が乱暴で礼を失しているさま。不作法。「ぞんざいな口のきき方」「ぞんざいに積荷を扱う」
  • ぞん‐ざいの例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「どうして、謹さん、私はこんなぞんざいだし、もう十七の年に、何にも知らないで児持になったんですもの。

      泉鏡花「女客」

    • ・・・自分の姿を自慢して男えらみ許りしてとうとう夫もきめないで身をぞんざいにしていろいろの浮名をたてられる。

      著:井原西鶴 訳:宮本百合子「元禄時代小説第一巻「本朝二十不孝」ぬきほ(言文一致訳)」

    • ・・・おれの家をあずかっていながらどんな鍵でもぞんざいにしておくはずはない」「実は大事にしまってあることはしまってありますが、お千代が渡してくれるなと言っていましたから――」「千代は私の家内です、そんな言い分は立ちません」「それでは出・・・

      岩野泡鳴「耽溺」