• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

たい‐のう〔‐ナフ〕【滞納/怠納】 の意味

  1. [名](スル)納付する義務のある者が、定められた期間内に金銭や物品を納めないこと。「会費を―する」

たい‐のう〔‐ナフ〕【滞納/怠納】の慣用句

  1. たいのうしょぶん【滞納処分】
  • たい‐のう〔‐ナフ〕【滞納/怠納】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・小作料は三年ごとに書換えの一反歩二円二十銭である事、滞納には年二割五分の利子を付する事、村税は小作に割宛てる事、仁右衛門の小屋は前の小作から十五円で買ってあるのだから来年中に償還すべき事、作跡は馬耕して置くべき事、亜麻は貸付地積の五分の一以・・・

      有島武郎「カインの末裔」

    • ・・・ いよ/\敷金切れ、滞納四ヵ月という処から家主との関係が断絶して、三百がやって来るようになってからも、もう一月程も経っていた。

      葛西善蔵「子をつれて」

    • ・・・が、不埒千万、人生五十年過ぎてもまだ滞納とは怪しからぬものだ。

      幸田露伴「骨董」