• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

だっ‐すい【脱水】 の意味

  1. [名](スル)物に含まれている水分を取り除くこと。結晶から結晶水を取り去ることや、化合物中の水素酸素とを水分子の形で奪うことなどもいう。

だっ‐すい【脱水】の慣用句

  1. だっすいき【脱水機】
    • 脱水に使う機械。遠心分離式・真空式などのものがある。
  1. だっすいざい【脱水剤】
  1. だっすいしゅくごう【脱水縮合】
    • 縮合する2個の分子がそれぞれ水素原子と水酸基(-OH)を失って水分子が離脱し、新たな化合物をつくる反応。
    • [補説]例えば、カルボン酸(R-COOH)とアルコール(R-OH)が縮合するとき、カルボキシル基(-COOH)からOH、アルコールの水酸基(-OH)からHが分離し結合して水分子が離脱する一方、残ったカルボキシル基のCOと水酸基のOが結合してエステル結合(-COO-)が形成される。
  1. だっすいしょう【脱水症】
    • 体内の水分および電解質が欠乏した状態。多汗・多尿、重度の下痢などの場合に起こる。脱水症状。
  1. だっすいしょうじょう【脱水症状】