• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あお〔あを〕【青】 の意味

  1. [名]
  1. 色の名。三原色の一つで、晴れた空のような色。藍 (あい) 系統の色から、黄みを加えた系統の色までを総称する。また、公家の染織衣服や襲 (かさね) の色目では、緑色を意味する。
  1. 馬の毛色で、青みがかったつやのある黒。また、その馬。
    • 「―に乗って、峠を越すと」〈漱石草枕
  1. 青信号」の略。
  1. 青短 (あおたん) 」の略。
  1. [接頭]名詞や形容詞に付いて、未熟な、若い、などの意を表す。「―二才」「―くさい」「―侍」

あお〔あを〕【青】の慣用句

  1. 青は藍より出でて藍より青し
    • 《「荀子」勧学から》青色の染料は草の藍からとるが、それはもとの藍草よりももっと青い。弟子が師よりもすぐれていることのたとえ。出藍(しゅつらん)の誉れ。
  • あお〔あを〕【青】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 野口という大学教授は、黒い松花を頬張ったなり、蔑むような笑い方をした。

      芥川竜之介「一夕話」

    • ・・・薄濁った形のくずれたのが、狂うようにささくれだって、澄み切った空のここかしこに屯していた。

      有島武郎「親子」

    • ・・・…… そこに、き苔の滑かなる、石囲の掘抜を噴出づる水は、音に聞えて、氷のごとく冷やかに潔い。

      泉鏡花「瓜の涙」