• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

はく‐ち【白痴】 の意味

  1. 精神遅滞の重度のもの。→精神遅滞
  1. [補説]書名別項。→白痴

はく‐ち【白痴】の慣用句

  1. はくちび【白痴美】
    • 表情に乏しく、知性の感じられない美貌。
  • はく‐ち【白痴】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・   椎の葉 完全に幸福になり得るのは白痴にのみ与えられた特権である。

      芥川竜之介「侏儒の言葉」

    • 「松川農場たらいうだが」「たらいうだ? 白痴」 彼れは妻と言葉を交わしたのが癪にさわった。

      有島武郎「カインの末裔」

    • ・・・ 入費は、町中持合いとした処で、半ば白痴で――たといそれが、実家と言う時、魔の魂が入替るとは言え――半ば狂人であるものを、肝心火の元の用心は何とする。

      泉鏡花「茸の舞姫」