• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

はっ‐か〔ハク‐〕【薄荷】 の意味

  1. ㋐シソ科の多年草。湿気のある所に生え、高さ20~60センチ。全体に芳香がある。茎は四角柱で、長楕円形の葉が対生する。8~10月、葉の付け根に淡紫色の唇形の小花が群がってつく。葉にはメントールが多く含まれ、薄荷油を採る。
  1. ㋑シソ科ハッカ属植物の一群。ヨーロッパ種のペパーミント(西洋薄荷)・スペアミント(オランダ薄荷)など。東洋種のものより小形で、花穂が細長い。 花=秋》
  1. 薄荷脳」の略。

はっ‐か〔ハク‐〕【薄荷】の慣用句

  1. はっかすい【薄荷水】
    • あらく刻んだ薄荷の葉を蒸留してとった液。
    • 薄荷油を砂糖水に溶かした清涼飲料。
  1. はっかせい【薄荷精】
    • 薄荷油にアルコールを加えた無色透明の液体。健胃薬に用いる。
  1. はっかとう【薄荷糖】
    • 砂糖に薄荷の香りをつけて煮固めた菓子。
  1. はっかのう【薄荷脳】
    • 薄荷油の固形成分。無色針状の結晶で、香気が強い。薬用や嗜好用とする。メントール。
  1. はっかパイプ【薄荷パイプ】
    • 巻きタバコ用のパイプに似たものに薄荷、または、薄荷糖を詰めたもの。
  1. はっかゆ【薄荷油】
    • 乾燥した薄荷の葉を蒸留して得られる精油。強い香りをもち、主成分はメントール(薄荷脳)。清涼剤や香料として用いる。
  • はっ‐か〔ハク‐〕【薄荷】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 飴は、今でも埋火に鍋を掛けて暖めながら、飴ん棒と云う麻殻の軸に巻いて売る、賑かな祭礼でも、寂びたもので、お市、豆捻、薄荷糖なぞは、お婆さんが白髪に手抜を巻いて商う。

      泉鏡花「茸の舞姫」

    • 薄荷のようにひりひりする唇が微笑している。

      黒島伝治「渦巻ける烏の群」

    • ・・・何等の遠い慮もなく、何等の準備もなく、ただただ身の行末を思い煩うような有様をして、今にも地に沈むかと疑われるばかりの不規則な力の無い歩みを運びながら、洋服で腕組みしたり、頭を垂れたり、あるいは薄荷パイプを啣えたりして、熱い砂を踏んで行く人の・・・

      島崎藤村「並木」