• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

はやし【林】 の意味

  1. 樹木がたくさん集まって生えている所。「武蔵野の面影を残す林」「雑木林」
  1. 同類のものが立ち並んでいる状態。「アンテナの林」

はやし【林】の慣用句

  1. はやしぶぎょう【林奉行】
  • はやし【林】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・…… 後年黄檗慧の会下に、当時の病み耄けた僧形とよく似寄った老衲子がいた。

      芥川竜之介「或敵打の話」

    • ・・・「崕地に残してある防風のまばらになったのは盗伐ではないか」「鉄道と換え地をしたのはどの辺にあたるのか」「藤田の小屋はどれか」「ここにいる者たちは小作料を完全に納めているか」「ここから上る小作料がどれほどになるか」 ・・・

      有島武郎「親子」

    • ・・・小さな梨、粒檎、栗は生のまま……うでたのは、甘藷とともに店が違う。

      泉鏡花「茸の舞姫」