• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ひだり‐の‐おとど【左大臣】 の意味

  • ひだり‐の‐おとど【左大臣】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ネ、アンデレ、トマス、痴の集り、ぞろぞろあの人について歩いて、脊筋が寒くなるような、甘ったるいお世辞を申し、天国だなんて馬鹿げたことを夢中で信じて熱狂し、その天国が近づいたなら、あいつらみんな右大臣、左大臣にでもなるつもりなのか、馬鹿な奴ら・・・

      太宰治「駈込み訴え」

    •      余録 菅公を讒言して太宰の権帥にした、基経の大臣の太郎、左大臣時平は、悪逆無道の大男のように思われて居る。

      宮本百合子「余録(一九二四年より)」