• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

びょう〔ベウ〕【×廟】 の意味

  1. 祖先・先人の霊を祭る建物。おたまや。「香椎 (かしい) 廟」「レーニン廟」
  1. 神社。社 (やしろ) 。祠 (ほこら) 。
  1. 王宮の正殿。東西に庇 (ひさし) のある建物で、政治を行う所。
  • びょう〔ベウ〕【×廟】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・李小二は丁度、商売から帰る所で、例の通り、鼠を入れた嚢を肩にかけながら、傘を忘れた悲しさに、ずぶぬれになって、市はずれの、人通りのない路を歩いて来る――と、路傍に、小さなが見えた。

      芥川竜之介「仙人」

    • ・・・ 唐土の昔、咸寧の吏、韓伯が子某と、王蘊が子某と、劉耽が子某と、いずれ華冑の公子等、相携えて行きて、土地の神、蒋山のに遊ぶ。

      泉鏡花「一景話題」

    • ・・・ 祖師堂は典正なのが同一棟に別にあって、幽厳なる夫人のよりその御堂へ、細長い古畳が欄間の黒い虹を引いて続いている。

      泉鏡花「夫人利生記」