• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ふじまつ‐ぶし【富士松節】 の意味

  1. 新内節の一派。延享(1744~1748)のころ、宮古路豊後掾 (みやこじぶんごのじょう) の弟子宮古路加賀太夫が富士松薩摩を名のって創始。一時絶えたが、天保(1830~1844)末期、鶴賀派の鶴賀加賀八太夫が富士松魯中 (ろちゅう) を名のって再興、富士松浄瑠璃と称した。現在十数派に分かれている。