• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ふっ‐か〔‐クワ〕【×弗化】 の意味

  1. 弗素と化合すること。また、弗化物であること。

ふっ‐か〔‐クワ〕【×弗化】の慣用句

  1. ふっかカルシウム【弗化カルシウム】
  1. ふっかすいそ【弗化水素】
    • 水素弗素化合物。発煙性の無色の液体または気体。刺激性があり、有毒。水に溶けて弗化水素酸となり、ガラスを腐食するので、ガラス器具の目盛り付けなどに利用。化学式HF
  1. ふっかすいそさん【弗化水素酸】
    • 弗化水素の水溶液。無色の液体。ガラスや多くの金属を腐食するので、ポリエチレンやテフロン容器で保存する。非常に毒性が強く、皮膚からも吸収され組織を壊死させる。ガラス、金属の表面加工、半導体基板のエッチング、歯科技工の分野で用いられる。弗酸。
  1. ふっかぶつ【弗化物】
  1. ふっかリチウム【弗化リチウム】