• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

フランネル【flannel】 の意味

  1. 紡毛糸で平織りまたは綾織りにし、布面をやや毛羽立たせた柔らかな毛織物。梳毛糸 (そもうし) ・綿糸などを使ったものもある。肌着・パジャマ地・服地などに用いる。ネル。→フラノ
  • フランネル【flannel】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・絣の着物の下に純白のフランネルのシャツを着ているのですが、そのシャツが着物の袖口から、一寸ばかり覗き出て、シャツの白さが眼にしみて、いかにも自身が天使のように純潔に思われ、ひとり、うっとり心酔してしまうのでした。

      太宰治「おしゃれ童子」

    • ・・・子規はセル、余はフランネルの制服を着て得意に人通りの多い所を歩行いた事を記憶している。

      夏目漱石「京に着ける夕」

    • ・・・私はフランネルの着物を着て、ひとりで裏山などを散歩しながら、所在のない日々の日課をすごしていた。

      萩原朔太郎「猫町」