• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

プレス【press】 の意味

  1. [名](スル)
  1. 押さえること。押しつけること。
  1. 衣服や布地にアイロンをかけて、しわをのばしたり折り目をつけたりすること。「ワイシャツを―する」
  1. 板金などの材料に圧力を加えて成型すること。また、その機械。
  1. レコードやCDなどを原盤から複製すること。
  1. 印刷。出版。出版物。
  1. 新聞。また、新聞社。報道機関。
  1. (フランス)attaché de presseから》ファッション産業などで、広報担当者。
  1. コンピューターのマウスの操作で、マウスボタンを押したままの状態にすること。ドラッグリリースと組み合わせた操作により、アイコンの移動、文字列や画像の範囲指定を行う。
  1. サッカーなどで、相手への圧力。プレッシャー。「序盤から―が厳しい」

プレス【press】の慣用句

  1. プレスアップ【press-up】
    • 腕立て伏せ運動。プッシュアップ。
  1. プレスかこう【プレス加工】
    • てこ・ねじ・空気圧などを利用して型に板金などの素材を強圧し、所要の形状に剪断・成型する加工法。
  1. プレスカメラ【press camera】
    • 蛇腹折り畳み式の、機動性のある連動距離計つき中型写真機。報道カメラマンが使ったところからの名。
  1. プレスカメラマン【press cameraman】
    • 新聞・雑誌などの写真を専門に撮影する写真家。
  1. プレスキット【press kit】
    • 記者会見などで、取材の便宜に供するために種々の材料をそろえて、あらかじめ報道関係者に配布される参考資料一式。
  1. プレスキャンペーン【press campaign】
    • 新聞が、ある社会的問題について一定の世論を喚起するために、ある期間総力を用いて行う報道活動。
  1. プレスクラブ【press club】
  1. プレスコード【Press Code】
    • 昭和20年(1945)9月、GHQが新聞・出版活動を規制するために発した規則。連合国占領軍についての不利な報道を制限した。同27年、講和条約の発効により失効。
  1. プレスシート【press sheet】
    • 映画の試写会などで、マスコミ向けに配布される宣伝用文書。小冊子の形をとるものはプレスブックともいう。
  1. プレスセンター【press center】
    • 報道機関が集中する区域。また、大きな催しなどのときに臨時に設けられる新聞社・通信社・放送局など報道機関のセンター。特に、日本新聞協会や日本記者クラブなどがある、内幸(うちさいわい)町の日本プレスセンタービルを指すこともある。新聞記者会館。
  1. プレスディフェンス【press defense】
    • バスケットボールで、相手選手をぴったりとマークして動きを封じる防御方法のこと。
    • サッカーで、相手ボールを自由にさせず、さらにボールを奪おうと相手選手に詰め寄りマークする防御方法。
  1. プレスハム【pressed ham】
    • 豚その他の畜肉を混ぜ合わせて型詰めにした、日本特有のハム。
  1. プレスブック【press book】
  1. プレスライダー
    • (和)press+rider》バイクで、原稿や商品見本などを短時間で届けるもの。バイク宅配便。
  1. プレスリマークス【press remarks】
    • 政府などによる報道機関への記事の発表。新聞発表。
  1. プレスリリース【press release】
  1. プレスルーム【press room】
    • 新聞記者室。記者会見室。
    • 企業の広報室。
  • プレス【press】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・のくらしをして居るときこそ、窓のそと、荒天の下の不仕合せをのみ見つめ、わが頬は、涙に濡れ、ほの暗きランプの灯にて、ひとり哀しき絶望の詩をつくり、おのれ苦しく、命のほどさえ危き夜には、薄き化粧、ズボンにプレス、頬には一筋、微笑の皺、夕立ちはれ・・・

      太宰治「喝采」

    • ・・・夜のまったく明けはなれたころ、二人は、帝国ホテルの前庭の蓮の池のほとりでお互いに顔をそむけながら力の抜けた握手を交してそそくさと別れ、その日のうちにシゲティは横浜からエムプレス・オブ・カナダ号に乗船してアメリカへむけて旅立ち、その翌る日、東・・・

      太宰治「ダス・ゲマイネ」

    • ・・・書庫には、出島和蘭屋敷の絵巻物、対支貿易に使用された信牌、航海図、きりしたんころびに関する書つけ、シーボルトの遺物、フェートン号の航海日誌、羅馬綴の日本語にラテン語を混えた独特な趣味あるミッション・プレス等々価値あるものが沢山ある。

      宮本百合子「長崎の一瞥」