• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

め‐もり【目盛(り)】 の意味

  1. 物差し・はかり・温度計などの、長さ・重さ・容積などを示すしるし。「―を読む」
  • め‐もり【目盛(り)】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・壁にかかった星座早見表は午前三時が十月二十何日に目盛をあわせたまま埃をかぶっていた。

      梶井基次郎「冬の日」

    • ・・・ 日頃酒を好む者、いかにその精神、吝嗇卑小になりつつあるか、一升の配給酒の瓶に十五等分の目盛を附し、毎日、きっちり一目盛ずつ飲み、たまに度を過して二目盛飲んだ時には、すなわち一目盛分の水を埋合せ、瓶を横ざまに抱えて震動を与え、酒と水、両・・・

      太宰治「禁酒の心」

    • ・・・一メートルの標準尺度の二つの目盛りの中心の間を単位とすれば一メートルの尺度はそれただ一つである。

      寺田寅彦「方則について」