• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ヨーロッパ【(ポルトガル)Europa】 の意味

  1. 六大州の一。ユーラシア大陸西部および付近の島々からなる。ふつう、ウラル山脈以西、カフカス山脈以北、ボスポラス海峡以西をさす。欧州。エウロパ。
  1. [補説]「欧羅巴」とも書く。

ヨーロッパ【(ポルトガル)Europa】の慣用句

  1. ヨーロッパあんぜんほしょうきょうりょくきこう【ヨーロッパ安全保障協力機構】
  1. ヨーロッパいいんかい【ヨーロッパ委員会】
  1. ヨーロッパうちゅうきかん【ヨーロッパ宇宙機関】
  1. ヨーロッパうなぎ【ヨーロッパ鰻】
  1. ヨーロッパかいけいかんさいん【ヨーロッパ会計監査院】
  1. ヨーロッパかいはつききん【ヨーロッパ開発基金】
  1. ヨーロッパぎかい【ヨーロッパ議会】
  1. ヨーロッパきょうどうたい【ヨーロッパ共同体】
  1. ヨーロッパきょうどうたいさんぎょうれんめい【ヨーロッパ共同体産業連盟】
  1. ヨーロッパけいざいきょうどうたい【ヨーロッパ経済共同体】
  1. ヨーロッパけいざいきょうりょくきこう【ヨーロッパ経済協力機構】
  1. ヨーロッパけいざいりょういき【ヨーロッパ経済領域】
  1. ヨーロッパけっさいどうめい【ヨーロッパ決済同盟】
  1. ヨーロッパげんしりょくきかん【ヨーロッパ原子力機関】
  1. ヨーロッパげんしりょくきょうどうたい【ヨーロッパ原子力共同体】
  1. ヨーロッパさいばんしょ【ヨーロッパ裁判所】
  1. ヨーロッパサウスアメリカカップ【European-South American Cup】
  1. ヨーロッパし【ヨーロッパ史】
  1. ヨーロッパしほうさいばんしょ【ヨーロッパ司法裁判所】
  1. ヨーロッパじゆうぼうえきれんごう【ヨーロッパ自由貿易連合】
  1. ヨーロッパせきたんてっこうきょうどうたい【ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体】
  1. ヨーロッパちゅうおうぎんこう【ヨーロッパ中央銀行】
  1. ヨーロッパつうかきかん【ヨーロッパ通貨機関】
  1. ヨーロッパつうかきょうてい【ヨーロッパ通貨協定】
  1. ヨーロッパつうかきょうりょくききん【ヨーロッパ通貨協力基金】
  1. ヨーロッパつうかせいど【ヨーロッパ通貨制度】
  1. ヨーロッパつうかたんい【ヨーロッパ通貨単位】
  1. ヨーロッパつうじょうせんりょくじょうやく【ヨーロッパ通常戦力条約】
  1. ヨーロッパでんしけいさんきこうぎょうかい【ヨーロッパ電子計算機工業会】
  1. ヨーロッパとうしぎんこう【ヨーロッパ投資銀行】
  1. ヨーロッパとうししんたく【ヨーロッパ投資信託】
  1. ヨーロッパトルコ【European Turkey】
    • トルコ共和国のうち、ヨーロッパに属する地域。バルカン半島南東部のイスタンブールおよび周辺をいう。
  1. ヨーロッパなんてんてんもんだい【ヨーロッパ南天天文台】
    • ドイツ、フランス、オランダ、スウェーデン、イタリアなど、ヨーロッパ14か国、およびブラジルで共同運営される国際組織。本部はドイツのミュンヘン郊外。主力観測設備として、南米チリの超大型光学赤外線望遠鏡VLT、および日本も国際協力で建設に参加したアルマ望遠鏡などがある。欧州南天天文台。ESO(イーソ)(European Southern Observatory)。
  1. ヨーロッパのうぎょうしどうほしょうききん【ヨーロッパ農業指導保証基金】
  1. ヨーロッパひょうぎかい【ヨーロッパ評議会】
  1. ヨーロッパふっこうかいはつぎんこう【ヨーロッパ復興開発銀行】
  1. ヨーロッパふっこうけいかく【ヨーロッパ復興計画】
  1. ヨーロッパポイント【Europa point】
  1. ヨーロッパよたくしょうけん【ヨーロッパ預託証券】
  1. ヨーロッパりじかい【ヨーロッパ理事会】
  1. ヨーロッパれんごう【ヨーロッパ連合】
  1. ヨーロッパれんごういいんかい【ヨーロッパ連合委員会】
  1. ヨーロッパれんごうりじかい【ヨーロッパ連合理事会】
  1. ヨーロッパろうどうくみあいれんごう【ヨーロッパ労働組合連合】
  1. ヨーロッパろうれん【ヨーロッパ労連】
  1. ヨーロッパロシア【European Russia】
  • ヨーロッパ【(ポルトガル)Europa】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ある時その群れの一つがヨーロッパに出かけて、ドイツという国を流れているライン川のほとりまで参りました。

      有島武郎「燕と王子」

    • ・・・ 見よ、ヨーロッパが暗黒時代の深き眠りから醒めて以来、幾十万の勇敢なる風雲児が、いかに男らしき遠征をアメリカアフリカ濠州および我がアジアの大部分に向って試みたかを。

      石川啄木「初めて見たる小樽」

    • ・・・が、宗教の勢力の盛んだった中世ヨーロッパにどれだけの大文学があったか。

      織田作之助「文学的饒舌」