• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あき‐の‐たむらそう〔‐たむらサウ〕【秋の田村草】

  1. シソ科の多年草。本州以西の山野に多く、高さ30~80センチ。葉は3~7枚の小葉からなる羽状複葉。夏から秋にかけ、茎の先や葉の付け根に、数段にわたって薄紫色の唇形の小花をつける。紫参。

「あき‐の‐たむらそう〔‐たむらサウ〕【秋の田村草】」の前の言葉

「あき‐の‐たむらそう〔‐たむらサウ〕【秋の田村草】」の後の言葉