• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

エルチェ【Elche】 の意味

  1. スペイン南東部、バレンシア州の都市。紀元前にイベリア人が築いた町に起源する。イスラム教徒がもたらした集約的な灌漑 (かんがい) 農業が行われ、ヨーロッパ最大規模のナツメヤシ園が広がり、2000年に「エルチェの椰子園」として世界遺産(文化遺産)に登録された。また、サンタマリア教会で催される聖母被昇天の宗教劇が無形文化遺産「エルチェの神秘劇」に登録された。

エルチェ【Elche】の慣用句

  1. エルチェのやしえん【エルチェの椰子園】
    • Palmeral of Elche》スペインのエルチェにあるヤシ園。広さは約2平方キロメートルで、樹齢300年以上のナツメヤシが約20万本群生している。ヤシと、アラブ特有の灌漑(かんがい)システムは、イスラム教徒によってもたらされたもの。2000年、世界遺産(文化遺産)に登録された。