• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あく‐えん【悪縁】 の意味

  1. 仏語。よくない縁。悪い結果をもたらす条件。
  1. 好ましくない人間関係。また、関係を断とうとしても断つことのできない男女の縁など。腐れ縁。
  • あく‐えん【悪縁】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・屋台を出し、夜寝る時は近くの木賃宿に行き、ほとんど私同様、無一物の乞食みたいな生活をしていまして、そいつらが私に眼をつけ、何かと要らない手伝いなどして、とうとう私はその木賃宿に連れて行かれ、それがまあ悪縁のはじまりでございまして、二つの屋台・・・

      太宰治「男女同権」