• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あく‐ぎ【悪戯】 の意味

  1. たちの悪いいたずら。わるふざけ。
  • あく‐ぎ【悪戯】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・きっとまた御隣の別荘の坊ちゃんが、悪戯をなすったのでございますよ。

      芥川竜之介「影」

    • ・・・科戸の神はまだ一度も、そんな悪戯はしていません。

      芥川竜之介「神神の微笑」

    • ・・・仁右衛門は悪戯者らしくよろけながら近寄ってわっといって乗りかかるように妻を抱きすくめた。

      有島武郎「カインの末裔」