• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あく‐らつ【悪辣】 の意味

  1. [名・形動]情け容赦もなく、たちが悪いこと。あくどいこと。また、そのさま。「悪辣な手段」
  1. [派生]あくらつさ[名]
  • あく‐らつ【悪辣】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・その証拠には自分の如く平生好んで悪辣な弁舌を弄する人間でも、菊池と或問題を論じ合うと、その議論に勝った時でさえ、どうもこっちの云い分に空疎な所があるような気がして、一向勝ち映えのある心もちになれない。

      芥川竜之介「兄貴のような心持」

    • ・・・そうして酒臭い相手の顔へ、悪辣な返答を抛りつけた。

      芥川竜之介「将軍」

    • ・・・さもなければお松さんのいじめ方が一層悪辣になったのであろうか。

      芥川竜之介「葱」