• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あさ‐ぎ【浅×葱】 の意味

  1. 《薄いネギの葉の色の意。「葱」を「黄」と混同して「浅黄」とも書く》
  1. 緑がかった薄い藍色 (あいいろ) 。
  1. 《着用する袍 (ほう) の色が浅葱であるところから》六位の人の称。
  1. 浅葱裏 (あさぎうら) 」の略。
  1. 浅葱幕 (あさぎまく) 」の略。

あさ‐ぎ【浅×葱】の慣用句

  1. あさぎいろ【浅葱色】
  1. あさぎうら【浅葱裏】
    • 着物の裏地で浅葱色のもの。また、その裏地をつけた着物。
    • 《多く浅葱裏の着物を着たところから》遊里で、江戸勤番に出てきたやぼな田舎武士をあざけっていう語。
      「まだ出来ぬ顔へしかける―」〈柳多留・八〉
  1. あさぎおどし【浅葱威】
  1. あさぎざくら【浅葱桜】
    • サトザクラの一品種。花は白いが、萼(がく)が鮮緑色なので全体に薄緑色に見える。
  1. あさぎじま【浅葱縞】
    • 浅葱色の糸で織った縞の織物。
  1. あさぎまく【浅葱幕】
    • 歌舞伎に用いる浅葱色の無地の幕。引き幕の内側につる。
  1. あさぎわん【浅葱椀】
    • 黒漆塗りの上に、浅葱色の漆で花鳥を描いた椀。あさぎごき。
  • あさ‐ぎ【浅×葱】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・桜山の背後に、薄黒い雲は流れたが、玄武寺の峰は浅葱色に晴れ渡って、石を伐り出した岩の膚が、中空に蒼白く、底に光を帯びて、月を宿していそうに見えた。

      泉鏡花「海の使者」

    • ・・・あくどい李の紅いのさえ、淡くくるくると浅葱に舞う。

      泉鏡花「瓜の涙」

    • ・・・娘の帯の、銀の露の秋草に、円髷の帯の、浅葱に染めた色絵の蛍が、飛交って、茄子畑へ綺麗にうつり、すいと消え、ぱっと咲いた。

      泉鏡花「貝の穴に河童の居る事」