• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あし‐ぬき【足抜き】

  1. [名](スル)
  1. 芸妓や娼妓などが前借り金を清算しないで逃げること。あしぬけ。
    • 「―でもされてはと思ってんのかな」〈高見・人間〉
  1. つらい状況・境遇などから抜け出すこと。
    • 「―がならぬさうにぞみらるる浅香の沼にはまり給ひて」〈古今夷曲集・九〉
  1. 抜き足」に同じ。
    • 「五郎も―してたちけるが」〈曽我・四〉