• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あ‐じろ【網代】 の意味

  1. 《網の代わりの意》
  1. 定置網の漁場。また、いつも魚群が集まってくる場所。
  1. 湖や川に柴 (しば) や竹を細かく立て並べ、魚を簀 (す) の中へ誘い込んでとる仕掛け。冬の宇治川氷魚 (ひお) 漁が古くから有名。 冬》「鳥鳴て水音くるる―かな/蕪村
  1. 杉・檜 (ひのき) ・竹などの細い薄板を、互い違いにくぐらせて編んだもの。天井・垣根・笠などに使用。
  1. 網代車」の略。

あ‐じろ【網代】の慣用句

  1. あじろあみ【網代編み】
    • 網代3を編むこと。そのような形に編むこと。また、その編んだもの。網代組み。
    • 編みもので、網代形に交差させる編み方。また、その模様。
  1. あじろうちわ【網代団扇】
    • (ひのき)の経木や細く割った竹などを網代形に編んで作ったうちわ。
  1. あじろがき【網代垣】
    • 細い竹や割り竹を網代形に組んで作った垣根。沼津垣。
  1. あじろがさ【網代笠】
    • 竹を薄く削ったものを網代に編んだかぶり笠。
  1. あじろがた【網代形】
    • 網代3のように編んだ形。編み目が斜めに表されたものをいうことが多い。
  1. あじろぎ【網代木】
    • 《「あじろき」とも》網代2に用いる杙(くい)。網代杙(あじろぐい) 冬》
      「朝ぼらけ宇治の河霧絶え絶えにあらはれわたる瀬々の―」〈千載・冬〉
  1. あじろぐるま【網代車】
  1. あじろごし【網代輿】
  1. あじろてんじょう【網代天井】
    • 杉や檜(ひのき)を網代に編んで張った天井。主に茶室に用いられる。
  1. あじろど【網代戸】
    • 木や竹を網代形に編んで作った戸。主に門の戸や、日本式庭園の木戸に用いる。編み戸。
  1. あじろびさしのくるま【網代庇の車】
  1. あじろびょうぶ【網代屏風】
    • 網代3を張った屏風。
      「山里びたる―などの、ことさらに事そぎて」〈・椎本〉
  • あ‐じろ【網代】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・その後からは、めずらしく、黄牛に曳かせた網代車が通った。

      芥川竜之介「運」

    • ・・・と同時に悪魔もまた宗徒の精進を妨げるため、あるいは見慣れぬ黒人となり、あるいは舶来の草花となり、あるいは網代の乗物となり、しばしば同じ村々に出没した。

      芥川竜之介「おぎん」

    • ・・・入口に萩の枝折戸、屋根なしに網代の扉がついている。

      泉鏡花「古狢」