• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あい‐うち〔あひ‐〕【相打ち/相撃ち】 の意味

  1. 双方が同時に相手をうつこと。転じて、勝ち負けのないこと。あいこ。
  1. (「相討ち」と書く)一人の敵を二人または数人で討つこと。
  • あい‐うち〔あひ‐〕【相打ち/相撃ち】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・わたくしは相打ちを伝えるために、まっ直に扇を挙げて居りました。

      芥川竜之介「三右衛門の罪」

    • ・・・すなわち、浜べで無数の砂利が相打ち相きしるように無数の蝗の羽根が轢音を発している、その集団的効果があのように聞こえるのではないかと思われる。

      寺田寅彦「映画雑感(1[#「1」はローマ数字、1-13-21])」