• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あたご‐れんが【愛宕連歌】 の意味

  1. 天正10年(1582)5月27日、明智光秀織田信長本能寺に襲う前、愛宕山で催した連歌の会での百韻。光秀が、発句「時は今天が下知るさつきかな」でその野望をひそかにのべたことで有名。