• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あつ‐で【厚手】 の意味

  1. [名・形動]紙・布・陶器などの地の厚いこと。また、そのさま。「厚手な(の)鍋 (なべ) 」⇔薄手 (うすで) 
  • あつ‐で【厚手】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・銀の箸ででもあったら、その箸のひとあては、茶碗のふちで涼しい音でも立てるのであったろうが、雑用の厚手な茶碗と木の箸で、その音はカチとカタの間にきこえた。

      宮本百合子「菊人形」

    • ・・・異様に白く、或は金焔色に鱗片が燦めき、厚手に装飾的な感じがひろ子に支那の瑪瑙や玉の造花を連想させた。

      宮本百合子「高台寺」