• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

きゅう【×笈】 の意味

  1. 人名用漢字] [音]キュウ(キフ)(漢) [訓]おい
  1. 荷物や書籍を入れて背負う竹製の箱。「書笈負笈 (ふきゅう) 
  • きゅう【×笈】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 本堂正面の階に、斜めに腰掛けて六部一人、頭より高くをさし置きて、寺より出せしなるべし。

      泉鏡花「一景話題」

    • ・・・という不思議な現象の記事を、ゆうけんしょうろく、提醒紀談、埃随筆等で散見する。

      寺田寅彦「化け物の進化」

    • ・・・ わたくしが帝国劇場にオペラの演奏せられるたびたび、殆毎夜往きて聴くことを娯しみとなしたのは、二十余年前を負うて遠く西洋に遊んだ当時のことが歴々として思返されるが故である。

      永井荷風「帝国劇場のオペラ」