• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

きょ‐た【許多/巨多】 の意味

  1. 数の多いこと。多数。
    • 「―の財宝を打棄てて」〈鉄腸・南洋の大波瀾〉
  • きょ‐た【許多/巨多】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・臣あり学者あり詩人あり愛国者・改革者もあるのである、是れ唯だ目下の私が心に浮み出る儘に其二三を挙げたのである、若し私の手許に東西の歴史と人名辞書とを有らしめたならば、私は古来の刑台が恥辱・罪悪に伴える巨多の事実と共に、更に刑台が光栄・名誉に・・・

      幸徳秋水「死生」

    • ・・・しかしそれはまずそれとして何もそんなに心配せずとも或種類の芸術に至っては決して二宮尊徳の教と牴触しないで済むものが許多もある。

      永井荷風「妾宅」

    • ・・・長安には太清宮の下に許多の楼観がある。

      森鴎外「魚玄機」