• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あい‐がかり〔あひ‐〕【相懸(か)り】

  1. 将棋の序盤で、両方とも同じ駒の陣形を作って攻め合うこと。
  1. 敵味方が同時に攻めかかること。
    • 「東西より―に懸かって」〈太平記・三一〉

「あい‐がかり〔あひ‐〕【相懸(か)り】」の前の言葉

「あい‐がかり〔あひ‐〕【相懸(か)り】」の後の言葉