• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

けんにん‐じ【建仁寺】 の意味

  1. 京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の大本山。山号は東山。開創は建仁2年(1202)、開基は源頼家、開山は栄西京都五山の第三位。初め天台真言の兼学。方丈や塔頭 (たっちゅう) の襖絵 (ふすまえ) には海北友松 (かいほうゆうしょう) の作が多い。俵屋宗達筆の風神雷神図屏風 (びょうぶ) は国宝、勅使門・方丈・竹林七賢図などは重文。
  1. 建仁寺垣」の略。

けんにん‐じ【建仁寺】の慣用句

  1. けんにんじがき【建仁寺垣】
    • 竹垣の一。四つ割竹を垂直に皮を外側にしてすきまなく並べ、竹の押し縁(ぶち)を水平に取り付け、しゅろ縄で結んだもの。建仁寺で初めて用いた形式という。けんねんじがき。
  1. けんにんじりゅう【建仁寺流】
    • 中国風の系統を引いた建築流派。鎌倉時代、栄西が中国に工匠飛騨守を伴って渡り、洛陽郊外の白馬寺の構造を学ばせ、帰国後、その様式によって建仁寺を建立したことによる。
  • けんにん‐じ【建仁寺】の例文

    出典:青空文庫

    •  建仁寺のひどく壊れた外廻りを見廻し、自分は黙って潜り戸をあけた。

      宮本百合子「又、家」