• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ご‐ぶ【五分】 の意味

  1. 尺貫法で、1寸の半分の長さ。約1.5センチ。「一寸の虫にも―の魂」
  1. 1割の半分の割合。100分の5。5パーセント。「―の手数料」「市価の―引き」
  1. 物事の半ば。半分。「―通り出来上がる」
  1. 双方に優劣の差がないこと。五分五分。「試合を―に持ち込む」「―に渡り合う」
  1. (あとに打消しの語を伴って用いる)ほんのわずか。「―のすきもない」
  1. 昔、牛鍋屋などで、1の長さに切ったネギをいった語。

ご‐ぶ【五分】の慣用句

  1. 五分も透かない
    • 少しのすきもない。全く抜け目がない。
      「薬の引札を団扇に張って湯屋へ配るなどとは、―◦ねえよなう」〈滑・浮世風呂・四〉
  1. ごぶがゆ【五分粥】
    • 米1、水10の割合(容量比)で炊いたかゆ。全がゆと重湯(おもゆ)の中間のもの。
  1. ごぶがり【五分刈(り)】
    • 髪の毛を、5分(約1.5センチ)くらいの長さに刈りそろえること。また、そのようにした頭髪。
  1. ごぶごぶ【五分五分】
    • 双方とも、優劣がないこと。五分。「勝負は―とみた」
  1. ごぶさかやき【五分月代】
    • 江戸時代、月代が5分ほど伸びた男の髪形。また、そのかつら。歌舞伎では浪人・無宿者・病者などの風体。
  1. ごぶしん【五分心/五分芯】
    • 幅が5分ほどのランプの芯。
  1. ごぶづけ【五分漬(け)】
    • 漬物の一。干した守口(もりぐち)大根を5分ほどに刻み、みりん・醤油・砂糖をまぜた煮汁に漬けたもの。
  • ご‐ぶ【五分】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「もう三時過ぎ、――四時五分前だがな。

      芥川竜之介「お律と子等と」

    • ・・・ 尉官は腕を拱きて、こもまた和ぎたる体あらず、ほとんど五分時ばかりの間、互に眼と眼を見合せしが、遂に良人まず粛びたる声にて、「お通。

      泉鏡花「琵琶伝」

    • ・・・ と紺の鯉口に、おなじ幅広の前掛けした、痩せた、色のやや青黒い、陰気だが律儀らしい、まだ三十六七ぐらいな、五分刈りの男が丁寧に襖際に畏まった。

      泉鏡花「眉かくしの霊」