• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

さんし-こうこう【三思後行】の意味

新明解四字熟語辞典

    • 物事を行うとき、熟慮したのち、初めて実行すること。三たび思い考えた後に行う意から。もとは、あまりに慎重になり過ぎると断行できず、また、別の迷いを生ずるのを戒める言葉であったが、今では一般に軽はずみな行いを戒める語として用いられる。▽「思」は思い考える、熟慮する意。一般に「三たび思おもいて後のちに行おこなう」と訓読を用いる。
  1. 三思後行の出典
    • 『論語ろんご』公冶長こうやちょう
  2. 三思後行の故事
    • 中国魯国の家老の季文子きぶんしはきわめて慎重な人で、三度考えてから初めて実行したが、孔子はこれを聞いて、「二度考えればそれでよろしい」と言った故事から。