SYN

  1. TCP/IP通信は3ウェイハンドシェイクという方法を用いている。その方法とは ①ホストAからホストBへ接続要求(SYN)を出す。 ②ホストBがその応答(ACK)とホストBからホストAへの接続要求(SYN)を出す。 ③ホストAがホストBからの要求に応答(ACK)することで、マシン間のコネクションが確立できるという仕組み。 このときの接続要求をSYNパケットと呼んでいる。