いざなぎ‐の‐みこと【伊弉諾尊/伊邪那岐命】

  1. 日本神話で、伊弉冉尊 (いざなみのみこと) とともに天つ神の命で磤馭慮島 (おのころじま) をつくって天降り、国生みと神生みを行った男神。黄泉国 (よもつくに) の汚穢 (けがれ) を禊 (みそぎ) した際に、天照大神 (あまてらすおおみかみ) 月読尊 (つきよみのみこと) 素戔嗚尊 (すさのおのみこと) などの神が生じた。

「いざなぎ‐の‐みこと【伊弉諾尊/伊邪那岐命】」の前の言葉

「いざなぎ‐の‐みこと【伊弉諾尊/伊邪那岐命】」の後の言葉