だい‐だい【×橙/臭橙/回橙】

  1. ミカン科の常緑小高木。葉は楕円形で先がとがり、葉柄 (ようへい) に翼がある。初夏、香りのある白い花を開く。実は丸く、冬に熟して黄色になるが、木からは落ちないで翌年の夏に再び青くなる。実が木についたまま年を越すところから「代々」として縁起を祝い、正月の飾りに用いる。果汁を料理に、果皮を漢方で橙皮 (とうひ) といい健胃薬に用いる。 花=夏 実=冬》「―は実を垂れ時計はカチカチと/草田男」
  1. 橙色」の略。
  1. だいだいいろ【橙色】
    • 赤みがかった黄色。オレンジ色。
  1. だいだいず【橙酢】
    • 橙の果実からしぼった汁。酢として調味料に用いる。ポンス。ポン酢。

「だい‐だい【×橙/臭橙/回橙】」の前の言葉

「だい‐だい【×橙/臭橙/回橙】」の後の言葉