てん‐き【天気】

  1. ある場所の、ある時刻の気象状態。気温・湿度・風・雲量などを総合した状態。「―が変わりやすい」「今日は―がよい」
  1. 晴天。「―が続く」「明日は―になるだろう」
  1. 天にみなぎる気。
  1. 天子の機嫌。天機。
    • 「―ことに御心よげにうち笑ませ給ひて」〈平家・六〉
  1. [用法]天気・[用法]天候――「天気(天候)の回復を待つ」などでは相通じて用いられる。◇「天気」は長くても2、3日程度の気象の状態。「朝のうちはいい天気だった」「明日の天気は曇りでしょう」◇また、「天気」には晴天の意もある。「お天気続きで何より」「今度の日曜日、天気だったら山登りに行こう」◇「天候」は数日から数十日の気象状態をまとめていう。「天候不順の折」「去年の夏の天候」◇類似の語に「空模様」がある。「空模様」は多く今日・あすの天気についていう。「あいにくの空模様」「この空模様では明日は雨だね」
  1. てんきあめ【天気雨】
    • 日が照っているのに雨が降ること。狐(きつね)の嫁入り。日照り雨。
  1. てんききごう【天気記号】
    • 天気図に観測結果を記入するための記号。天気図記号。
  1. てんきず【天気図】
    • 広い地域で同時刻に観測された気圧・気温・風向・風力・天気などを天気記号で記入し、さらに等圧線前線などをかき込んだ地図。天気予報の基本となる。地上天気図と高層天気図がある。
  1. てんきまつり【天気祭(り)】
    • 長雨の際、晴天を祈って行う祭り。冷害を受けやすい山間部などに多い。日申し。日和(ひより)申し。
  1. てんきよほう【天気予報】
    • ある地域の天気の変化を予測し、知らせること。明後日までの短期予報のほか、週間予報・長期予報がある。
  1. てんきりげん【天気俚諺】
    • 天気・天候・気候などの予測に関する昔からの言い伝え。「夕焼けは晴れ、朝焼けは雨」「北東風は天気が悪い」などの類。