としゅ‐くうけん【徒手空拳】

  1. 《「徒手」を強めていう語》
  1. 手に何も持っていず、素手であること。
  1. 資金・地位など頼るものがなく、自分の身一つであること。「―で事業をはじめる」

「としゅ‐くうけん【徒手空拳】」の前の言葉