ね【音/×哭】

  1. おと。「鐘の―」「琴の―」
  1. 声。また、泣き声。「本―」「弱―」
  1. 鳥獣などの鳴き声。「雁 (かり) の―」「虫の―」
  1. [補説]「おと」が大きな音響をさしたのに対し、「ね」は比較的小さな、人の感情に訴えかけるような音声をいう。
  1. 音に立つ
    • 声を立てる。また、声を出して泣く。
      「あしびきの山ほととぎす今日とてやあやめの草の―・てて鳴く」〈拾遺・夏〉
  1. 音に泣く
    • 声を出して泣く。声を立てて鳴く。
      「わが園の梅のほつ枝に鶯の―・きぬべき恋もするかな」〈古今・恋一〉
  1. 音を上げる
    • 苦しさに耐えられず声を立てる。弱音を吐く。降参する。「つらい仕事に―・げる」
  1. 音を泣く
    • 声を出して泣く。
      「―・けば袖はくちてもうせぬめりなほ憂き事ぞつきせざりける」〈和泉式部集・上〉

「ね【音/×哭】」の前の言葉

「ね【音/×哭】」の後の言葉