もっ‐て【以て】

  1. [連語]《「も(持)ちて」の音変化》
  1. (多く「…をもって」の形で格助詞のように用いて)
  1. ㋐手段・方法を示す。「誠意を―交渉に当たる」「書面を―申し入れる」「好意を―迎えられる」
  1. ㋑原因・理由を示す。「過失の故を―責めを負う」
  1. ㋒事の行われる時を示す。「九月一日を―防災の日とする」
  1. ㋓くぎり・限界を示す。「これを―終了させていただきます」
  1. 語調を強めるのに用いる。「いよいよ―承知できない」「まことに―残念なことだ」
  1. (「でもって」の形で)
  1. ㋐並列・添加の意の接続助詞のように用いる。…のうえに。…かつ。「安価で―質の良い品物」
  1. ㋑格助詞「で」を強める意を表す。「人手不足を技術で―補う」「会議で―決定された」
  1. [接]《漢文における「以」や「式」の訓読から生じた語》そして。それによって。それについて。→も(以)てもち(以)て
  1. 以てしても
    • (「…をもってしても」の形で用いられ)…であったとしても。…を用いたとしても。「従来のどんな方法を―解決できない問題」
  1. 以て瞑すべし
    • ここまでできれば、もう死んでもよい。転じて、それで満足すべきである。「全力を尽くしたのだから―◦べきであろう」
  1. もってのほか【以ての外】
    • [名・形動]
    • とんでもないこと。けしからぬこと。また、そのさま。「―な(の)振る舞い」
    • 予想を越えて程度がはなはだしいこと。また、そのさま。
      「事の由を人の風説(うわさ)に伝え聞て、―なる大腹立」〈逍遥当世書生気質

「もっ‐て【以て】」の前の言葉