1. [接助]動詞・動詞型活用語の終止形に付く。ある動作・作用が行われると同時に、他の動作・作用が行われる意を表す。…とすぐに。…すると。「わたしの顔を見る―逃げ出した」
  1. [副助]名詞、名詞に準じる語に付く。「やもしれない」などの形で、軽い疑問の意を表す。…か。「午後から雨が降る―もしれない」
  1. [終助]活用語の終止形・命令形に付く。
  1. 同輩・目下の者などに対して軽く促す意を表す。「そろそろ出かけよう―」「もう帰れ―」
  1. 軽く言い放すような気持ちを表す。「もう、どうでもいい―」
  1. 疑問や反語の意を表す。…(だろう)か。…だろうか(いや、そうではない)。「この結末はどうなりましょう―」「どうして私に言えましょう―」
  1. [間助]名詞、名詞に準じる語、副詞に付く。
  1. 呼びかけを表す。「花子―、ちょっとおいで」
    • 「我妹子 (わぎもこ) ―我 (あ) を忘らすな石上 (いそのかみ) 袖布留川 (そでふるかわ) の絶えむと思へや」〈・三〇一三〉
  1. 強意を表す。「今―、経済危機を迎えようとしている」「またも―地震が起こった」
  1. 詠嘆・感動の意を表す。
    • 「いで、あな幼な―」〈・若紫〉
「夏草―つはものどもが夢の跡/芭蕉」〈奥の細道
  1. [並助]名詞、名詞に準じる語に付く。事物を並列・列挙する意を表す。「赤―黒―青が混ざり合っている」「海―山などに行く」「甘いの―辛いのがある」
    • 「羽音ガ台風―、雷 (イカヅチ) ナドノヤウニ聞コエタレバ」〈天草本平家・二〉
  1. [係助]名詞、活用語の連用形・連体形、副詞・助詞などに付く。なお、上代には活用語の已然形にも付く。
  1. 文中にあって、疑問・反語を表す。
  1. ㋐疑問を表す。…(だろう)か。…かしら。
    • 「ももしきの大宮人は暇 (いとま) あれ―梅をかざしてここに集 (つど) へる」〈・一八八三〉
「男、異心 (ことごころ) ありてかかるに―あらむと思ひ疑ひて」〈伊勢・二三〉
  1. ㋑反語を表す。…だろうか(いや、そうではない)。
    • 「月―あらぬ春―昔の春ならぬわが身一つはもとの身にして」〈伊勢・四〉
  1. 文末用法。
  1. ㋐疑問を表す。…(だろう)か。…かしら。
  1. ㋑反語を表す。…だろうか(いや、そうではない)。→やは
    • 「妹 (いも) が袖別れて久 (ひさ) になりぬれど一日 (ひとひ) も妹を忘れて思へ―」〈・三六〇四〉
「かばかり守る所に、天の人にも負けむ―」〈竹取
  1. [補説]は「ドアが開くやいなや、ホームに飛び降りた」のように「やいなや」の形で慣用的に用いられることが多い。1の場合、文末の活用語は連体形で結ばれる。「ぼろぼろ(=虚無僧)といふもの、昔はなかりけるにや」のように結びの言葉が省略されることもある。また、2を終助詞とする説もある。

「や」の前の言葉

「や」の後の言葉