よそ【余所/他所/外】

  1. ほかの所。別の場所。また、関係のない離れた所。他所 (たしょ) 。「―から来た人」「―を向く」「どこか―の店にいこう」
  1. 自分の家以外の所。また、自分の所属している団体以外の所。「―の会社の人」「今夜は―に泊まる」⇔内 (うち) 
  1. 自分には直接関係のないこと。関心のないこと。また、そのもの。「騒ぎを―にけろりとしている」
  1. 余所にする
    • おろそかにする。また、無視する。「親の心配を―◦して遊び歩く」
  1. 余所に見る
    • 自分とは関係のないものとして、放っておく。
      「試験に関係のない事なら、どうなとなれと―◦見て」〈二葉亭平凡
  1. 余所の見る目
    • 関係のない第三者が見ること。はため。
      「―も哀れなり」〈浄・矢口渡

「よそ【余所/他所/外】」の前の言葉

「よそ【余所/他所/外】」の後の言葉