れん‐く【連句/×聯句】

  1. 俳諧連歌のこと。俳諧の発句 (ほっく) (第1句)が独立して俳句とよばれるようになった明治以後、俳句または連歌と区別するために用いられるようになった名称で、特に江戸時代のものをさした。五・七・五の長句と七・七の短句を一定の規則に従って交互に付け連ねるもの。百韻五十韻世吉 (よよし) 歌仙などの形式がある。
  1. (聯句)
  1. ㋐漢詩で、二人以上の人が1句ないし数句ずつ作り、それを集めて1編の詩とするもの。聯詩。→漢和 (かんな) 聯句和漢聯句
  1. 律詩の中の対句。聯。