かい‐せき【解析】

  1. [名](スル)
  1. 事物の構成要素を細かく理論的に調べることによって、その本質を明らかにすること。「調査資料を―する」
  1. 数学的論法の一。Aの事柄を証明するために、Aが成立するためにはBが成立しなければならないことを示し、Bが成立するためにCが成立しなければならないことを示し、以下順次これを繰り返して既知の事柄に帰着させること。
  1. 解析学」の略。
  1. かいせきがく【解析学】
    • 微分積分学とそれから発展した数学の諸分科の総称。微分積分学・微分方程式論・積分方程式論・実関数論・複素関数論など。
  1. かいせききかがく【解析幾何学】
    • 図形の性質を、座標を導入することによって数式で記述し、代数的計算によって解析的に研究する幾何学
  1. かいせきてき【解析的】
    • ふつう微分方程式の解が、既知の関数や定数を用いて得られるさま。