かん‐ごう〔‐ガフ〕【勘合】

  1. [名](スル)
  1. 照らし合わせて真偽を確かめること。また、よく考え合わせること。「原本と―する」
  1. 明 (みん) 代の中国で、正式の使船の証として外国に与えた割符。日明間では「日本」の2文字を分け、明船は「日」字を日本船は「本」字を持参し、相手国の底簿と照合した。勘合符。
  1. かんごういん【勘合印】
  1. かんごうせん【勘合船】
    • 室町時代、勘合を交付されてと正式に通商した船。遣明船。
  1. かんごうふ【勘合符】
  1. かんごうぼうえき【勘合貿易】
    • 室町時代、勘合2を用いた対明貿易。中断したこともあったが、応永11年(1404)から約140年間続いた。銅・硫黄・刀剣・扇などを輸出し、銅銭・生糸・絹織物などを輸入した。

「かん‐ごう〔‐ガフ〕【勘合】」の前の言葉

「かん‐ごう〔‐ガフ〕【勘合】」の後の言葉