かん‐めい【感銘/肝銘】

  1. [名](スル)忘れられないほど深く感動すること。心に深く刻みつけて忘れないこと。「深い―を受ける」「お話にいたく―しました」