きぼう‐ほう〔キバウ‐〕【喜望峰】

  1. Cape of Good Hope》南アフリカ共和国南西部、ケープ半島南端西側にある岬。1488年ポルトガルのバーソロミュー=ディアスが発見、嵐の岬と命名したが、のち喜望峰と改称。1497年バスコ=ダ=ガマが初めてここを回って、インドに達した。名は、ポルトガルのエンリケ王子がインド航路発見を念じて名づけたとも、航路発見を記念してポルトガル王ジョアン2世が命名したともいう。