したさき‐さんずん【舌先三寸】

  1. 口先だけでうまく相手をあしらうこと。また、その言葉。舌三寸。「―で金をだまし取る」
  1. [補説]文化庁が発表した平成23年度「国語に関する世論調査」では、「本心でない上辺 (うわべ) だけの巧みな言葉」を表現するとき、本来の言い方とされる「舌先三寸」を使う人が23.3パーセント、本来の言い方ではない「口先三寸」を使う人が56.7パーセントという逆転した結果が出ている。

「したさき‐さんずん【舌先三寸】」の前の言葉

「したさき‐さんずん【舌先三寸】」の後の言葉