仕方(しかた)/方法(ほうほう)/手段(しゅだん)

関連語
やり方(やりかた)
仕様(しよう)
致し方(いたしかた)
手口(てぐち)
やり口(やりくち)
(でん)
メソッド
方途(ほうと)
機軸(きじく)
定石(じょうせき)
てだて
方式(ほうしき)
(すべ)
方便(ほうべん)
術計(じゅっけい)
  1. [共通する意味]
      ★目的を達成するための行動の内容を表わす語。
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔仕方〕
      ▽勉強の仕方が悪い
      ▽あいさつの仕方が悪い
      仕方がない、あきらめよう
    • 〔方法〕
      ▽うまくおさめる方法
      ▽発声の方法
      方法
    • 〔手段〕
      ▽有効な手段を講じる
      ▽非常手段
  1. [使い分け]
    • 【1】「仕方」は、目的を達成するために行う行動の内容をさすのに対して、「手段」は、この行動に必要なものを具体的にさす。「方法」には、両方の意がある。
    • 【2】「通勤の□」という文でくらべると、「通勤の仕方」は、家を出てから会社に行くまでのすべての行動が含まれるが、「通勤の手段」では、「手段」には行動のための道具の意しかないため、電車とかバスとかの交通機関をさすことになる。
    • 【3】「方法」が、「仕方」と同じ意で用いられた場合には、「仕方」よりもきちんと理屈の通った方式という意が強く出る。
  1. [関連語]
    • (やり方) 「仕方」の意のややくだけた言い方。「やり方がわからない」「正しいやり方」
    • (仕様) 多く打消の形で、よい手段、方法がない意を表わす。「他に仕様がない」「おわびの仕様もございません」
    • (致し方) 「仕方」の丁寧で、硬い言い方。「致し方ありません、そうしましょう」
    • (手口・やり口) 犯罪・悪事などよくないことに対して用いられることが多い。「あくどい手口」「極悪非道のやり口」
    • (伝) 以前に用いられたことのあるやり方。ややくだけた言い方。「その伝で頼む」
    • (メソッド) 体系化されたやり方。「新しく確立されたメソッド」
    • (方途) 「方法」の意の文章語。「和解の方途をさぐる」
    • (機軸) 多く、「新機軸」の形で、方法、工夫の意を表わす。「新機軸を打ち出す」
    • (定石) きまったやり方。「経営の定石」
    • (てだて) 「方法」とほぼ同じ意味で用いられる。「てだてがない」
    • (方式) ある一定の形式、または、やり方。「新しい方式を採用する」「トーナメント方式」
    • (術) 「手段」の意の文章語。「なす術がない」
    • (方便) 便宜的なやり方。「嘘(うそ)も方便」
    • (術計) 目的を達成するための方法や手立てをいろいろと考えること。また、そうして考えられた方法や手立て。文章語。「敵の術計に陥ってしまった」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    通勤の…を再考する話の…会社へ行く…連絡の…がない
    仕方
    方法
    手段
  1. [分類コード]

国語辞書で詳しい意味を調べる

仕方(しかた)
方法(ほうほう)
手段(しゅだん)